月次求人動向

3月の求人動向【アルバイト編】

今回は、3月の求人広告の状況・求職者の動向についてです。急な退職者や、繁忙期までに人員不足を解消したい店舗様・企業様、求人広告の掲載を検討しているご担当者の方はぜひお読みください!

3月は求職者が活発になっている時期。求人倍率は?

  • 3月は求職者が多く、ほとんどの属性で活発にお仕事を探している時期
  • 掲載件数が多く、求人倍率(1原稿における応募数)の格差が大きい時期

各属性についての求人動向ですが、4月から大学生になる高校3年生・テストが終わった大学生、お子さんが幼稚園や学校に行き始める主婦層、などほとんどの属性での応募数が高い時期となります。

ところが、3月~4月にかけて繁忙期を迎える販売・飲食店様は、2月に引き続き3月の掲載数も非常に高くなっておりますので、近隣の競合と比較して募集条件が良いか悪いかで応募数に大きな差が出やすい時期となっております。

 

各ターゲット層の動向

主婦・主夫層

1月から活発に動いている主婦層ですが、3月に入っても引き続き採用しやすい時期となります。夕方までのシフトや、平日のみでもokな業務であれば主婦向けのメリットを打ち出して積極的に主婦採用していきましょう。また、「お子様の行事や体調不良でのお休みも相談ok」なども文言が効果的となります。

学生層

次に学生ですが、春休み中のアルバイトを探し始めます。ただ、新1年生やキャンパスの変わる学生は勤務開始日を4月から希望している方も少なくはないので、「勤務開始日の相談ok」や、「シフト融通ok」等の文言を記載して働きやすさを打ち出した原稿が効果的になります。

また、社会経験の少ない学生は、「バイトデビューok」「学生も多数活躍中」などの”未経験でも先輩が丁寧に教えてあげます”等の文言を表記して、安心して応募できるような打ち出しが効果的になります。

しかし、2月に引き続きこの時期は”応募があったものの、面接に来ない学生”が非常に多いです。大学進学のために地方から上京してきた大学新1年生や、キャンパスが移動になって引越しをしてきた大学生が多くなりますので面接地等は出来るだけ詳しく表記して上げたり、最寄り駅についたら電話してもいいように、事前に伝えておくことで面接率が上がることがあります。

関連記事
面接バックレの原因は企業側にも。応募者だけのせいにしていませんか?

続きを見る

シニア層

年間を通して大きな変動がないのがシニア層の特徴となります。また、母数が多いため採用しやすい点があります。ですが、長時間の勤務や、週3日以上のお仕事にはなかなか応募が集まらないという部分もあります。

関連記事
シニア採用による働き方改革のススメ
日本の高齢化社会とこれからの採用活動。切り離せない、働き方改革。

続きを見る

フリーター層

Wワーク・フリーターの採用ですが、短期の高時給バイトが終わるタイミングになりますので、長期勤務のできるアルバイト先を探しはじめます。「週3日~ok」「短時間ok(1日4h以内)」「週毎シフト」などの文言が人気検索ワードとなりますので、募集条件・採用ターゲットによって打ち出す文言を工夫することで効果upが見込めます。

 

まとめ

3月の求人動向につきましては、主婦・学生・Wワーカの属性いずれも求職者の動きは活発になっています。求職者が多い反面、3月末までは掲載数が増加していきますので、応募数が分散してしまい、まとまった応募数を確保するのが難しい時期でもあります。4月からの勤務を希望される方も多いので、勤務開始日の融通を表記することが応募数upに繋がることがあります。ターゲット設定をしっかりと行い、メリットに感じてもらえるような原稿表記・打ち出しをしていく事が必要になります。

 

アルバイト編 月次求人動向シリーズ

2020/1/21

4月の求人動向【アルバイト編】

今回は4月の求人広告の状況・求職者の動向についての記事です。スタッフを整える、夏までに戦力を揃えたい店舗様・企業様、求人広告の掲載を検討しているご担当者の方はぜひお読みください! 目次 4月はブランク層・新入生が狙い目各ターゲット層の動向主婦・主夫層学生層シニア層フリーター層 4月はブランク層・新入生が狙い目 4月は求職者が減少、学生は大学新1年生・新高校1年生が狙い目。 掲載件数が減少するが、求職者も落ち着いてくる時期 各属性についての求人動向ですが、4月から大学生になった新1年生・お子さんが幼稚園や学 ...

ReadMore

2020/1/14

3月の求人動向【アルバイト編】

今回は、3月の求人広告の状況・求職者の動向についてです。急な退職者や、繁忙期までに人員不足を解消したい店舗様・企業様、求人広告の掲載を検討しているご担当者の方はぜひお読みください! 目次 3月は求職者が活発になっている時期。求人倍率は?各ターゲット層の動向主婦・主夫層学生層シニア層フリーター層 3月は求職者が活発になっている時期。求人倍率は? 3月は求職者が多く、ほとんどの属性で活発にお仕事を探している時期 掲載件数が多く、求人倍率(1原稿における応募数)の格差が大きい時期 各属性についての求人動向ですが ...

ReadMore

2020/1/14

2月の求人動向【アルバイト編】

今回は、2月の求人広告の状況・求職者の動向についてです。学生の入れ替わりのある店舗様・企業様、求人広告の掲載を検討しているご担当者の方はぜひお読みください! 目次 2月は学生の採用がしやすい時期各ターゲット層の動向主婦・主夫層学生層シニア層フリーター層 2月は学生の採用がしやすい時期 1月から4月にかけて掲載数・求職者数共に増加傾向にあります。 3月・4月に忙しくなる販売・飲食店様の掲載数が増える。 主婦・学生層が活発になる。 3月4月に忙しくなる販売・飲食店様は、2月~3月にかけての掲載数が非常に高くな ...

ReadMore

2020/1/14

1月の求人動向【アルバイト編】

今回の記事は、1月の求人広告の状況・求職者の動向についてです。年明けからの求人広告の掲載を検討しているご担当者の方はぜひお読みください! 目次 1月は掲載件数が増える各ターゲット層の動向主婦・主夫層学生層シニア層フリーター層 1月は掲載件数が増える 1月は、掲載数・求職者数共に増加傾向にあります。 理由は下記があげられます。 3月・4月に忙しくなる販売・飲食店様は、1月からの求人活動始める店舗様が多く、掲載件数が増える。 年明けからお仕事を探し始める求職者が増える。 共に増加傾向にある掲載数・求職者数です ...

ReadMore

2020/1/8

12月の求人動向【アルバイト編】

12月は、年末年始に繁忙期を迎える飲食店様、配送・運送業者様から、求人動向についての状況、期待値などのご質問を受けることが非常に多くなる時期です。この時期に求人広告の掲載を検討しているご担当者の方はぜひお読みください! 目次 12月は掲載件数が少ない各ターゲット層の動向主婦・主夫層学生層シニア層フリーター層 12月は掲載件数が少ない そもそも12月は年間を通して最も掲載件数の少ない時期となります。 理由はこの2つがあげられます。 飲食店・コンビニなどの販売店舗が繁忙期になり、面接などの対応が出来ない。 採 ...

ReadMore

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
田口 洋平

田口洋平

採用担当ラボ助手。得意領域は派遣、廉価枠型商材の運用や、採用難職種のデリバリー案件。派遣会社での集客実績は、月間4000応募、応募単価350円の成功事例あり。ピンクのネクタイとメガネがトレードマーク。好きな飲み物はコーラ。

よく読まれている記事

1

目次 リクルートメディアと割引プランについて正式名称 東名阪共通つど割プラン ※通称/つど割担当営業から伝えられないケースも実績額をこまめに確認してください!どの代理店でも一緒でしょ?いいえ違います。 ...

2

こんにちは、君村です!所長などと名乗っておりますが、メインの業務は営業ですので、私自身も採用成功の為、最前線で日々お客様と向かいあっております。 そんな中でタイトルにある「代理店によって何が違の?」こ ...

シニア採用による働き方改革のススメ 3

目次 これからの時代は、シニアが活躍できる場を作らなくてはいけません日本の高齢化社会問題でもやっぱり若手がほしい?コアとなる若手採用・育成もぬかりなく。そこへシニアの採用が助けとなります。「シニアの採 ...

-月次求人動向

Copyright© 採用担当ラボ , 2020 All Rights Reserved.