Indeed

indeed初心者向け!従来の求人広告とindeedの違いを解説

2019年12月11日

1年前はお客様から「indeedって何なのかよくわからない」とご相談を受けることが多々ありましたが、昨今Indeedが求人広告としての地位を確立してきているためこのような質問を受けることが少なくなりました。タウンワークにはIndeedへの掲載ができるオプションも登場し、indeedは現在応募数の獲得に欠かせない存在になっています。

 

Indeedが急成長している理由

  • GoogleやYahooでの「職種名×勤務地」での検索結果にIndeedが多く出てくる
  • SEO対策がしっかりしている

主に上記2つがあげられます。日本全国の求人情報を網羅したIndeedは、各検索エンジン(google、yahoo等)からの評価が高く、検索を行った場合の表示件数や上位表示回数が圧倒的に高いため、求職者がIndeedをを閲覧する可能性が非常に高いのです。

また、Indeedは、面白い特徴として、求人広告サイトとしての機能と、求人広告を検索する機能の両方をもっているというところがあります。Indeedにはタウンワークやマイナビなどすべての求人広告情報が転載されています。その為、求職者はIndeedを検索さえすれば世の中のほとんどの求人広告にアクセスができるのです。

 

必要に応じて使い分け!indeedとその他の媒体

Indeedとその他の媒体の使い分けにお悩みのお客様も多いようですが、職種・地域等で使い分けをする必要があります。

Indeedと求人広告サイトの大きな違いは検索方法にあります。従来の求人サイトは、職種や地域がカテゴリー分けされており、そのカテゴリーの中から仕事探しをするという設計になっていました。対してIndeedには、職種のカテゴリー分けがありません。その代わりに、職種名やキーワードをフリーワード検索で探せるようになっています。そのためIndeedは、「探しやすいフリーワード」が閲覧回数につながります。

前述のとおり、従来の求人広告は職種がカテゴリー分けされていますので、求職者は自分の興味がある職種を選んで検索をします。地域だけを選択して、職種問わず探す方も多くいます。カテゴリー分けの利点は、マイナーな職種も目につきやすいという点です。未経験者の採用などは従来の求人広告のほうが閲覧されやすい可能性があります。

ココがポイント

つまり、indeedはフリーワード検索だから、検索されやすい職種ほど目につきやすい。従来の求人広告は、職種がカテゴリー分けされているから、マイナーな職種も職種検索軸によっては求職者の目につきやすい、ということ。

 

広告内容は同じものでもいいのか

課金方法の違い

 Indeed

上位広告枠を、1クリックあたりの料金を設定し購入することができます。設定する金額が高ければ高いほど、上位に表示される仕組みです。

従来の求人広告

多くの求人広告サイトは「掲載課金」とよばれる、掲載した時点で一定の広告料金が発生する料金形態をとっています。そのため、広告の掲載内容も変えたほうが効果的に各媒体を利用することができます。

Indeedへ掲載する場合

  • 最終的に応募しない方からの閲覧は少ないほうがいい。
  • 1クリック=1応募理想。

クリックしてもらうターゲット(=料金が発生します)をしっかりと絞り込むことが大切です。
ターゲットをしっかりと決めることで効果的に広告を掲載することが可能になります。

従来の求人広告へ掲載する場合

まずはより多くのクリックを集めることが必要であり、そのためには、検索結果の一覧画面で興味をそそるような広告を作ることが求められます。

 

媒体ごとの特徴を活かした効果的な採用活動を

御社の採用職種・採用予算・募集内容に合わせて、適切な媒体で掲載を行うことが採用につながります。馴染みのある媒体=適切な媒体ではありません。

採用活動を進めていく順番は、

  1. 求める人物像を明確にする。
  2. 御社の強みを明確にする。
  3. 採用ターゲットを決める。
  4. 採用ターゲットと御社の強みから打ち出すポイントを決める。
  5. 広告媒体を決める。
  6. 広告表現を考える。

という順番で採用計画を立てていきます。広告媒体を決めるのは、一番最後なのです。まずは、現状をしっかり把握して正しい順序で採用設計を行うことが「採用」までの近道です。1からご相談に乗りますので、お気軽にお問い合わせください。

求人・採用にまつわることなら何でもご相談ください

アド・イーグルってなんの会社?

株式会社アド・イーグルは、企業から求職者へと贈られるラブレター(=求人広告) の代筆者
株式会社リクルートホールディングスのトップパートナーとして様々なメディアを取り扱っている総合広告代理店です。

求人・採用にまつわることなら、
すべて無料でご相談を受け付けております。

メールでお問い合わせ

0120-368-362

お電話での受付は、平日9時30分~20時迄

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
君村 幸樹

君村 幸樹

求人業界15年。過去に自社求人サイトの立上げも。採用担当ラボ立上げ、掲載依頼サイトの運営を兼任。得意領域は派遣会社・本部決済型、チェーン(飲食チェーン他)等。最近は薄毛が悩み。中学3年の娘がいるパパ。

人気記事ランキング

1

無断欠勤とは、就業日に従業員が連絡なく休むことを指します。無断欠勤を繰り返す従業員は、業務にも支障が出るためできれば辞めさせたい、という人事担当者も多いでしょう。けれども、無断欠勤を繰り返したからとい ...

ジョブオプLite無料のワケ 2

今、求人市場は大きく変わってきております。従来、ペイドメディア(費用を払って載せていた広告)で採用、または派遣・紹介などを通して採用完結できていました。ただ近年、有効求人倍率が高く、採用がうまくいかな ...

3

新しい人材を採用する時には、面接などの採用過程を踏んでいきます。ところが、ぜひ欲しいと思った人材と連絡が取れなくなってしまう、ということがあるのです。採用側としては応募者と連絡が取れなくなる応募辞退は ...

4

求人を掲載するコストをおさえたい、お試しで求人掲載がしてみたい、という企業の強い味方となるツールが「ジョブオプlite」です。無料で多くの機能が使えるからこそ、「本当に有効な求人を掲載できるか」「ほか ...

リクナビnext-1 5

目次 リクナビNEXTの特徴を4つまとめてみました。圧倒的な会員数アプローチ対象者が多い高い認知を獲得毎月新規会員を獲得リクナビNEXTの応募が集まる3つの仕組み特集オファー機能ネットだけではなくアプ ...

-Indeed
-,

Copyright© 採用担当ラボ , 2021 All Rights Reserved.