社員

転職先として選ばれるために。求職者のリアルな「本音」とは

2020年1月14日

有効求人倍率が高い今、企業同士で求職者の取り合いが起きています。実際に、「面接を断られた」、「面接バックレされた」、「内定を出したが承諾してもらえなかった」、「入社日に来なかった」等のお悩みをお持ちの企業様も多いのではないでしょうか。実際に、多くの企業様が課題として抱えておりそのようなお悩みをよく耳にします。

では、「選ばれた企業」と「選ばれなかった企業」の違いは何だったのか。求職者が転職先の企業として魅力に感じているポイントを今回はアンケート結果をもとに、お伝えしていきます。

現在の求人市場

参考資料:厚生労働省HPより、有効求人倍率
https://www.mhlw.go.jp/content/11602000/000571360.pdf

近年、高い数値を維持している有効求人倍率。令和元年の有効求人倍率は1.6倍となり、求職者1人に対し2社の企業から内定が出ている状況です。

都道府県別の有効求人倍率をみると、就業地別では、最高は富山県と福井県の2.09倍、最低は高知県の1.25倍、受理地別では、最高は東京都の2.08倍、最低は神奈川県の1.16倍、業種別に見ると特に「飲食・宿泊業」「運輸業」の採用が困窮しており、平成に引き続き、人員確保が困難な状況が継続しています。必要な人材を確保できなかったと答えた企業の割合も49.9%と2社に1社が採用が出来ておらず、新卒採用で十分な人員を確保できないため、中途採用により力を入れている企業も増えています。

また、「希望条件に合う求人条件が少ない」「転職した結果、現状よりも状況が改善するか分からない」という理由から転職に踏み切れていない求職者も多く、企業側が提示する情報に対し、物足りなさを感じているようです。

 

アンケートからわかる、求職者の本音

転職先の会社の魅力

転職先の会社として魅力を感じる特徴では、「社員のプライベートを大切にする」(49%)が5割近くで最も高く、次いで「同僚・先輩とのコミュニケーションが気兼ねない」
(41%)、「評価が給与に反映される」(39%)、 「転勤なし」(35%) が続く。

性×年齢帯別にみると、女性は男性より「社員のプライベートを大切にする」「同僚・先輩とのコミュニケーションが気兼ねない」に魅力を感じている人が特に多い。また、女性
20代では「転勤なし」が、男性30代後半以上では「評価が給与に反映される」が4割を超えている。

出典:株式会社リクルートジョブズ 転職者意識調査

求職者に選ばれる企業になる為には、採用ターゲットの設定をしっかりと定め、ターゲットがどこに魅力を感じているのかを踏まえたうえで条件設定、原稿の打ち出しポイントを決めていく事が重要となります。

転職活動の不安なところ

転職活動不安点では、「希望条件に合う仕事の求人数が少ない」(44%)、「転職した結果、現状よりも状況が改善するかわからない」(43%)がともに4割を超え上位項目となった。

出典:株式会社リクルートジョブズ 転職者意識調査

採用ターゲットに近しい年代の社員インタビューや、上司になる方の人柄が分かるようなエピソードなど、転職後の人間関係がイメージできるような原稿作成が必要となります。

転職活動者が求める長期休暇について

転職活動者が実際に取得できた長期休暇の日数は、男女ともに「3日未満」が最も多く、女性は45.6%、男性は35.1%が3日未満であると回答。

出典:株式会社リクルートキャリア https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2019/190710-01/

アンケートでは必要だと思う長期休暇日数について「3~5日」の回答が多い一方で、現在または直近の就業先で実際に取得した長期休暇の日数は、「 3日未満」という回答が最も多く、必要日数と実際に取得できている日数に乖離が生まれているようです。

3日以上の長期休暇取得実績がある場合、具体的な日数を開示することは求職者に対する 1つのアピールポイントになるかもしれません。また、求職者の多くは配属先によって差があり、認識が異なることを理解しているため、会社全体 のみならず “募集部署 ”での長期休暇の取得風土や実績、職場環境をリアルに伝えることが大切です。

 

まとめ

ワークライフバランスが重視される今、求職者が転職先の企業として魅力に感じるポイントも変わってきています。求職者が知りたがっている情報をより詳しく、よりリアルに伝えることで「選ばれる企業」になることができます。弊社では上記でお伝えしたようなポイント以外にもアンケートから求職者が求めることをお伝えする事はもちろん、企業側が求職者へ求める事との兼ね合いをはかることで、採用成功に導くお手伝いをさせていただいております。

社員採用をお考えでしたら、是非一度弊社へご相談ください。

詳しいご案内はこちら

無料ご相談・お問い合わせフォーム

採用・求人のお悩み、解決します!

  • この記事を書いた人
  • 最新記事
五位 昌礼

五位 昌礼

社員媒体領域のマネ―ジャー。リクナビNEXT・および社員領域の推進。得意領域はガテン系・飲食・営業・中小企業様から大企業まで社員案件をトータルにカバー。入社15年の大ベテラン。お酒を飲んでも悪口は絶対に言わない優しい男。愛されキャラナンバー1。

よく読まれている記事

1

目次 リクルートメディアと割引プランについて正式名称 東名阪共通つど割プラン ※通称/つど割担当営業から伝えられないケースも実績額をこまめに確認してください!どの代理店でも一緒でしょ?いいえ違います。 ...

2

こんにちは、君村です!所長などと名乗っておりますが、メインの業務は営業ですので、私自身も採用成功の為、最前線で日々お客様と向かいあっております。 そんな中でタイトルにある「代理店によって何が違の?」こ ...

シニア採用による働き方改革のススメ 3

目次 これからの時代は、シニアが活躍できる場を作らなくてはいけません日本の高齢化社会問題でもやっぱり若手がほしい?コアとなる若手採用・育成もぬかりなく。そこへシニアの採用が助けとなります。「シニアの採 ...

-社員
-, ,

Copyright© 採用担当ラボ , 2020 All Rights Reserved.